会社方針

会社方針

会社方針

 

印刷物の加工という事業内容を誠実に業務を行うことにより印刷業界はもとより

顧客と従業員そして自社の利益と幸福をもたらすことを事業目的とする

その結果として広く社会に貢献できる企業を目指す

 


社長メッセージ

社長

江戸時代 大阪の松屋町の文具商「岩鷹」で「大福帳」をはじめとする帳簿を製造販売

していた頃から現在まで商都大阪で商売を続けられている事に感謝しています

IT技術の急速な発展により弊社に求められるものが日々変化しています

今までの経験と技術でそれらに対応し今まで以上に社会に貢献し

世の中に必要とされる企業を目指していきます


会社沿革

1919年
ポンス抜き機械を導入・山崎紙工所として繊維産業・陸軍関連の仕事を請け負う
1887年
岩鷹商店より「のれん分け」を受けて、和綴じの帳面の製造を始める
1938年
トムソン抜き機械を導入・大阪鷺洲に工場を建設
1943年
戦時下の企業統合政策に従い関西紙工に事業を譲渡し休業・疎開する
1950年
大阪上福島に工場を建て事業再開
1955年
上福島第2工場開設
1957年
山崎紙工株式会社に事業を再編
1968年
大淀工場開設
1983年
大淀工場建て替え
1985年
大淀工場 拡張工事完成
2009年
製本産業個人情報保護体制 SAPPS の認定企業となる
2012年
中綴じ製本事業に参入
2013年
無線綴じ製本に参入
2018年
大淀工場 第2次拡張工事完成